偏見報道に洗脳されない為に

国民は、戦後60年にも及ぶ自民党腐敗政権に蔑にされてきた今日、も~騙されてはいけません。自民党が政権に居座る限り腐敗政治は無くなるまい。貴方の一票で政治は変わります、皆して選挙に行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治学博士渡邉良明教授の「小沢一郎論」1

Blog ranking  Ajia ranking   oyajino ranking   Senior ranking
<渡邉さんの温かく鋭い「小沢一郎論」を読んでください――森田実] >
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[渡邉良明さん(政治学博士・熊本在住)は、政治家論・人物論の大家である。私がこのたび渡邉さんに「小沢一郎論を森田総合研究所のホームページに執筆してください」とお願いしたところ、渡邉さんは快く引き受けてくれた。渡邉さんの温かく鋭い「小沢一郎論」を読んでください――森田実]

【著者紹介】 1949年熊本市生まれ。学習院大学法学部政治学科卒。東海大学大学院政治学研究科博士課程単位取得。ハワイ州立大学客員研究員(1993~95年)。長い間、都立高校および東海大学政経学部にて教鞭をとる。父の死後、母の介護のために帰郷。現在、研究および著作活動に専念。最近著は『J.F.ケネディvs二つの操り人形-小泉純一郎と中曽根康弘』(2006年9月刊、発行=熊本出版文化会館、発売=創流出版)
-----------------------------------------------------------------
来訪ついでにBlog rankingをクリックしてね~

【第1回】(2006.10.2)

わが母の積年の願い

 私の母(81)は、大の「小沢一郎ファン」である。それも、20年以上も前からのものだから、決して半端ではない。まさに、“本物の小沢信奉者”の一人だと言える。正直言って、母は、隠れた「小沢党党員」とさえ言えよう。
 その母に、「小沢さんのいいところは、一体どんなところ?」と訊ねると、開口一番「あの人には、誤魔化しがない」という返事が返ってきた。
 「それだけ?」と、あえて冷たく問い直すと、母はこう語った。
  「小沢さんは、周囲の人たちから随分と誤解されてきたと思うよ」と。そして、こう付言するのだ。「権力にすり寄ろうとする政治家たちが甘い汁を求めて、小沢さんに近づいたのだろうけれど、あの人は、決してそんなものを安直に与えるような安っぽい人じゃないよ。それで多くの人が、きっと離れていったんだと思うとタイ」と、ちょっと熊本弁が出た。
 母からすれば、小沢氏は、今までの(あるいは、かつての)「利益誘導型」の政治家ではない。その点では、小沢氏自ら「田中のオヤジ」と呼ぶ田中角栄とも明らかに異なる政治家だと言えよう。
 いたって正直な感想を言えば、私には、政治哲学の深遠さと政治スケールの大きさで、小沢氏は田中氏をすでに“超えている”ように思える。つまり彼は、単に代表的な党人政治家であるに留まらず、あくまで「国民本位」(あるいは国民重視)の、徹底した“国民政治家”になろうとしているように思えるのだ。歴史的に言えば、“平民宰相”と呼ばれた原敬(たかし)を思い浮かべればすればよい。それと同時に、小沢氏は、国民の政治意識の覚醒や向上を求める“本物の”政治指導者だと言えよう。

 根っからの苦労人である母は、その厳しい「心眼」で“本物の人間”“本物の政治指導者”を見極めているのかもしれない。その母の積年の願いは、「小沢さんにぜひ一度、政権を担当してもらいたい」というものだ。
 そう願う母の心は若い。手前味噌になってもいけないけれど、そんな母を見ながら、私はふとサミュエル・ウルマンの次の言葉を思い出した。ウルマンは言う。 
「青春とは、人生のある期間をいうのではなく、心の持ち方をいうのだ。人は信念と共に若く、疑惑と共に老いる。人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる。希望の有る限り若く、失望と共に朽ちる」と。  母にとって、小沢氏による今後の「政権担当」は、まさに“希望”そのものであり、第二、第三の「青春」でもあるのだ。 

 正直なところ、私は、小沢一郎氏の“本質”は未だよく分からない。かつてミハイル・ゴルバチョフやJ・F・ケネディ、それにマハートマー・ガンディーといった“本物の”政治指導者を探究してきた私にとって、現代日本の政治家は、石橋湛山以外、ほとんど魅力のない人々だった。実際、私は、現代日本の政治から“逃げていた”のかもしれない。
 そんな私に“現実”に目を向けさせたのは、今年1月、熊本市での森田実氏との邂逅だった。氏は講演の中で、「地方や弱者を切り捨て、そのうえ高齢者まで犠牲にするような小泉政治は間違っている。それにブッシュ政権のお先棒を担いで、中国と再び戦争をするような過ちを犯してはならない」と強調された。森田氏の愛国の至情に心から共感した私は、この度、拙著『J・F・ケネディvs. 二つの操 り人形 小泉純一郎と中曽根康弘』を上梓できた。

 その森田氏が心底信頼しておられるのが、現在の「小沢一郎氏」である。森田氏は、小沢氏の“純粋さと真面目さ”、政治家としての強い自覚と高いプライド、それに人間的な“強さ”、さらには、彼の“反骨の精神”を力説する。同時に、小沢氏と、彼の薫陶を受けた若き政治家達の礼儀正しさや誠実さも強調する。これらの美徳は、現代日本人が今日、失いつつあるものだ。思うに小沢氏は、何より国民の幸せと、我々の政治的「覚醒」を求める“本来あるべき政治指導者”だと言えよう。ちなみに、9月25日に検査入院された小沢氏が、翌日の臨時国会で元気な姿を見せられた。多くの方々と同様、内心、小沢氏のことが気懸かりだった私にとって、近年、これほどに嬉しいテレビ画面はなかった。
 実は、私の母も、知らず知らずのうちに、森田氏とほぼ同じ思いで小沢氏を信頼し、かつ尊敬しているのだと思う。この絶対的な信頼感の上に立ち、母は、「小沢さんに、是非一度、政権を担当してもらいたい」という積年の願いを抱いているのだと思えるのだ。そう語る母は、私に、まるで少女のように明るい笑顔を見せてくれた。(つづく)


ジャンル違いだからこそ、今日もクリックの程、宜しくお願いします。
皆様のクリックの御蔭で、各ランクが上位に位置します。有難う御座います。
アジア&一人旅   アジア    オヤジ     シニア  
10位   3位      16位       5位         2位 

読み朝る毎ブロガー同盟 「安倍のなにがなんでも教育基本法」ならばAbEndバナー その情報が誰によって流されているか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ermita.blog75.fc2.com/tb.php/147-cba4d6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

本日の名言

プロフィール

エルミタ

Author:エルミタ
ブログの普及で真実を探求する事が出来る様になった。
歪曲されたテレビ報道・新聞5大全国紙報道に洗脳されん様に真実を探究し、ブログを通して時の権力者達へ物が言える様に成った。
真実を報じないメディアは不要と考え30年購読してた新聞はキャンセルした。
世の中のインチキ&イカサマ等に付いても取り上げて行きます。

ブログランキング

FC2カウンター

エルミタ

期たる時の為に忘れてはならない。 私利私欲を最優先した傀儡議員たち。

コネズミが絡む売国策捜査


あけてビックリ給与明細。 此れも小泉インチキ改革の副産物です。 top_futanzo.gif
  • 植草一秀氏冤罪売国策逮捕を解く
  • インチキ構造改革B層ターゲット

    植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

  • 小泉純一郎の研究…ビックリ 読み朝る毎ブロガー同盟 その情報が誰によって流されているか?

    真実を伝えるサイト

  • 植草一秀の『知られざる真実』
  • ユダヤ&創価の悪戯を暴くRK
  • 森田実の日本の未来を切り開く
  • MyNewsJapan
  • janjan
  • アクセス ジャーナル
  • アールニジュウゴ

    国内のインチキ検証ブログ

  • 晴天とら日和
  • 世に倦む日日
  • 復活!三輪のレッドアラート!
  • 自公政権打倒のために集まろう
  • 左往来人生学院
  • 五十嵐仁の転成仁語
  • エクソダス2005《脱米救国》
  • 夢想飛行-伝統的保守へ
  • 在野のアナリスト
  • よらしむべし、知らしむべからず
  • Aoの偶感
  • POLITICS & ELECTION NEWS
  • 紆余曲折七転八倒!武田健太郎の日記
  • ★マチコの日記
  • 山崎行太郎の毒蛇ブログ日記
  • らくちんランプ
  • らんきーブログ
  • 反戦な家づくり
  • いわいわブレーク
  • ぬぬぬ?
  • とりあえずガスパーチョ
  • カナダde日本語
  • わんばらんす
  • 風に吹かれて
  • 棒に怒る日本人
  • 酔夢ing Voice
  • Irregular Expression
  • 株式日記(ブログ版)
  • 国際情勢の分析と予測
  • ジャパン・ハンドラーズ
  • 暗いニュースリンク
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • 灼熱(HEATの日記)
  • 副島隆彦学問道場
  • 浮遊雲日記
  • 日本人が知らない真実
  • 悪はタブーに棲家をつくる
  • ★遊牧民★のメディア棒読み!
  • 耐震強度偽造問題リンク集
  • 頑張れ藤田東吾
  • ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古!
  • 米流時評
  • 主要な経済情報
  • 経済コラムマガジン
  • きっこのブログ
  • ムネオ日記

    海外のインチキ検証サイト

  • 9.11事件の真相と、その歴史的な意味の深層に迫る!!
  • 9.11のイカサマ…WTCタワー
  • 9.11ボーイングを探せ
  • イラクの現地レポートを翻訳で報告
  • ホロコーストの疑問

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    バロメーター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。