偏見報道に洗脳されない為に

国民は、戦後60年にも及ぶ自民党腐敗政権に蔑にされてきた今日、も~騙されてはいけません。自民党が政権に居座る限り腐敗政治は無くなるまい。貴方の一票で政治は変わります、皆して選挙に行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治学博士渡邉良明教授の「小沢一郎論」2

Blog ranking  Ajia ranking   oyajino ranking   Senior ranking
<渡邉さんの温かく鋭い「小沢一郎論」を読んでください――森田実] >
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[渡邉良明さん(政治学博士・熊本在住)は、政治家論・人物論の大家である。私がこのたび渡邉さんに「小沢一郎論を森田総合研究所のホームページに執筆してください」とお願いしたところ、渡邉さんは快く引き受けてくれた。渡邉さんの温かく鋭い「小沢一郎論」を読んでください――森田実]

【著者紹介】 1949年熊本市生まれ。学習院大学法学部政治学科卒。東海大学大学院政治学研究科博士課程単位取得。ハワイ州立大学客員研究員(1993~95年)。長い間、都立高校および東海大学政経学部にて教鞭をとる。父の死後、母の介護のために帰郷。現在、研究および著作活動に専念。最近著は『J.F.ケネディvs二つの操り人形-小泉純一郎と中曽根康弘』(2006年9月刊、発行=熊本出版文化会館、発売=創流出版)
-----------------------------------------------------------------
来訪ついでにBlog rankingをクリックしてね~

【第2回】(2006.10.6)

 信頼できる“真の政治家”

 ある日、私は、母に単刀直入に訊ねた。「ねぇ、お母さん、小沢さんって、信頼できる人?」と。すると、母が即答した。
 「私は、信頼しているよ。あの方は、どんなに人から悪く言われようと、弁解ひとつしない。それに第一、他人の悪口は、決して言わない方だね。私は、小沢さんは、今の政治家の中で一番、信義を尊ぶ方だと思うよ。それに、あの方は、確たる『政策』を持っているでしょうが。安倍さんは、”再チャレンジ”と言われるけれど、それこそニートといった、本来チャレンジもできない人々は、一体どうなるの? その点、小沢さんは、なかなかチャレンジできない人でも、希望を持って働けるような、そんな地道な施策をやってくれるような気がするんだよ。若い人たちが将来の展望を開けるような政治は、今の自民党のやり方では無理だね。
 第一、政権が長すぎたね。確かに一時期、下野したことはあったけれど、一年足らずで返り咲いたね。でも、あの時、自民党員は、もっと“苦労”すればよかったと思うよ。そうすれば、その後、国民に対して、もっと“思いやりのある政治”ができたと思う。やはり、小沢先生に一度、国政を司っていただきたいね。私は心から、そう思う」と。
 「だけど…」と、母は突然、口ごもった。「何?」と問えば、母は、「たとえ息子との会話にせよ、私のような草莽の一老婆の言葉を、かねてから尊敬していた森田先生のネットに載せていただくのは、余りにも畏れ多いことと思う」と、つぶやいた。 

 さて、われわれ人間にとって、無論、お金は大事である。だがあえて極言すれば、私は、人間にとって金品より“重たいもの”があると思う。それは、人間間の「信頼感」だと思うのだ。
 かつて、日本人は器用、努力家、誠実と同時に、“信頼に足る”という徳性を持っていたと思う。
 だが戦後、アメリカ(=ユダヤ)的な価値観が導入されて以来、人間間の「信頼」や「信義」が疎かにされた。そして、ただ勝者として勝ち残ればいいという風潮になってしまった。この傾向は、小泉内閣以来顕著となり、安倍内閣になって、今後、ますます加速化される気配さえある。
 「信なくば、立たず」という言葉がある。政治家にとって「生死の狭間」とも言える選挙が、時にはお金の多寡や組織力によって左右される反面、人間(あるいは、国民)による「信頼」が、政治にとって、いかに大事かということを表わす言葉である。
 言うまでもなく、「信」が「信」を呼び、“不信”が“不信”を招くのが、世の常である。つまり、他者から信頼されれば、人は信頼で応え、反対に信頼されなければ、自分も他者を不信の目で見てしまう。この世には、いろいろな人がいるけれど、一つの基準に従えば、その人が“信じられる人”か、それとも“信じられない人”かに大別されよう。

 では、わが国の政治指導者の場合は、一体どうだろうか? 
 いたって正直に述べれば、私は小沢氏は前者で、小泉氏や中曽根氏、それに安倍氏は後者だと思える。無論、これには、異論もあろう。だが、それが軽妙な“ワンフレーズ”であろうと、「美しい」という形容詞だけの、単に耳に聞こえのいい言葉であろうとも、そこに“真実”や“実質”がなければ、聞く人の胸底には響かない。
 それに後者のお三方に共通する性向は、各々が多少の差こそあれ、共通して、自己の言葉に陶酔する“ナルシスト”だということだ。他方、小沢氏は、常に語る言葉を一語一語選び、かつて一度たりとも、自分の語る言葉に酔うなどということはなかったであろう。
 たとえば、彼らの「語る言葉」を文章にすると、おのずとその違いが分かろう。小沢氏の場合、先ずそのままの形で文章になる。だが小泉氏の場合は、ほとんどが感動詞と単語だけなので、もともと文章が成立しない。さらに安倍氏の場合は、飾り言葉や意味の分からない外国語表現が多く、一体何を言っているのかさっぱり分からず、結局、読み手にとって、“文章にならない”といった具合である。 

 ところで、母に、彼女が最近読んだ小沢一郎著『小沢主義』について、感想を聞いた。私が、「どうだった?」と問えば、母は、「この本は、私のような者でも、政策のことがよく理解できるように書かれていて、感動したよ。でも、小沢さんは、理知的であるがゆえに、山川草木“目に見えぬもの”に対する畏れを持っておられるのかどうか…。けれど、人に察知されぬところで大事にしておられる、と信じたい。だけど、この本を読む限り、小沢さんは、政策重視の“真の政治家”だと思うよ」という言葉が返ってきた。
 “真の政治家”という母の言葉は重い。確かに、若い頃から“現場”を熟知し、重視する方であり、かつ「農」に生きる人々をよく知った小沢氏は、「選挙の重大さ」「人々の生活の大切さ」「何より国民のための政治」「国民の意識向上」「国民と政治家間の信頼と連帯」「日本人としての誇りと自信」などの大事さを力説する。
 彼は、本著の中で、「国民のレベル以上の政治家は生まれない」という至言について言及している。そして、「もし、日本の政治が貧困であるとしたら、その責任は他でもない。国民自身にある。僕はそれを言いたい」と断言する。この言葉は、一見酷薄な印象を与える。無論、この言葉の含意は、小沢氏自身でなければ理解できないかも知れない。
 しかし、ここで、小沢氏は、まるで他人事のように“国民だけを”糾弾しているとは思えない。つまり、あえて理屈を言えば、彼自身、その責任ある日本国民の「一人」でもあるのだ。言うなれば、これは、決して単に他者を責める言辞ではなく、むしろ、御自分を含めた日本の全国民に対する”自己批判”の一文でもあると思うのだ。
 そして、先述した「信なくば、立たず」と、常に自らを律して国政に関わってきた政治家は、他の誰よりも小沢一郎その人だったのではないだろうか。私は最近、その思いをますます強くしている。
 何より大事な点は、小沢氏は若き日に、日本の「歴史」に通暁した結果、今後、必ず到来するであろうわが国の未曾有の“国難”を、誰よりも強く、かつ深刻に認識したということだ。若き日に、彼は、自らの眼前に、“何か、大変なもの”を観たと思う。“何か”を実感したと言ってもいいだろう。この認識の深さとその卓抜な想像力は、自民党の政治家諸氏の比ではないと思う。そして、この今後の“国家的危機”に果敢に挑戦し、それを克服するに足る政治指導者こそが、私は、小沢一郎氏自身であると思う。
 彼はまた、貧しく、かつ弱き人々の真の苦しみや“痛み”を充分知っている人でもある。むしろ彼は、この方々と同じ「目線」で、いつも日本の政治を観ている。この感性は、彼が宮沢賢治や石川啄木と同じ岩手県の出身であることと、決して無関係だとは思えない。
 そして、何より彼は、単に若者だけでなく、国民一人ひとりを、心底信頼しているのである。それゆえ本著で、彼は、次のように確言する。「僕は信じる。日本は変わることができる。日本人は自己改革しうる」と。  国民と政治指導者が互いに信頼し合えてこそ、本来の「政治」や「政治改革」が可能だと思うのだ。
 小沢氏は、政治家と国民が互いに信頼し合い、ともに協力・協働できる国づくりを目指している。そして彼は、われわれに、こう訴えているように思えるのだ。つまり、「皆さん、日本を公正な、もっといい国にしていこうではありませんか!」と。私はそこに、信頼できる“真の政治家”を見るのである。(つづく)



ジャンル違いだからこそ、今日もクリックの程、宜しくお願いします。
皆様のクリックの御蔭で、各ランクが上位に位置します。有難う御座います。
アジア&一人旅   アジア    オヤジ     シニア  
10位   3位      16位       5位         2位 

読み朝る毎ブロガー同盟 「安倍のなにがなんでも教育基本法」ならばAbEndバナー その情報が誰によって流されているか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ermita.blog75.fc2.com/tb.php/148-d62bbbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

本日の名言

プロフィール

エルミタ

Author:エルミタ
ブログの普及で真実を探求する事が出来る様になった。
歪曲されたテレビ報道・新聞5大全国紙報道に洗脳されん様に真実を探究し、ブログを通して時の権力者達へ物が言える様に成った。
真実を報じないメディアは不要と考え30年購読してた新聞はキャンセルした。
世の中のインチキ&イカサマ等に付いても取り上げて行きます。

ブログランキング

FC2カウンター

エルミタ

期たる時の為に忘れてはならない。 私利私欲を最優先した傀儡議員たち。

コネズミが絡む売国策捜査


あけてビックリ給与明細。 此れも小泉インチキ改革の副産物です。 top_futanzo.gif
  • 植草一秀氏冤罪売国策逮捕を解く
  • インチキ構造改革B層ターゲット

    植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

  • 小泉純一郎の研究…ビックリ 読み朝る毎ブロガー同盟 その情報が誰によって流されているか?

    真実を伝えるサイト

  • 植草一秀の『知られざる真実』
  • ユダヤ&創価の悪戯を暴くRK
  • 森田実の日本の未来を切り開く
  • MyNewsJapan
  • janjan
  • アクセス ジャーナル
  • アールニジュウゴ

    国内のインチキ検証ブログ

  • 晴天とら日和
  • 世に倦む日日
  • 復活!三輪のレッドアラート!
  • 自公政権打倒のために集まろう
  • 左往来人生学院
  • 五十嵐仁の転成仁語
  • エクソダス2005《脱米救国》
  • 夢想飛行-伝統的保守へ
  • 在野のアナリスト
  • よらしむべし、知らしむべからず
  • Aoの偶感
  • POLITICS & ELECTION NEWS
  • 紆余曲折七転八倒!武田健太郎の日記
  • ★マチコの日記
  • 山崎行太郎の毒蛇ブログ日記
  • らくちんランプ
  • らんきーブログ
  • 反戦な家づくり
  • いわいわブレーク
  • ぬぬぬ?
  • とりあえずガスパーチョ
  • カナダde日本語
  • わんばらんす
  • 風に吹かれて
  • 棒に怒る日本人
  • 酔夢ing Voice
  • Irregular Expression
  • 株式日記(ブログ版)
  • 国際情勢の分析と予測
  • ジャパン・ハンドラーズ
  • 暗いニュースリンク
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • 灼熱(HEATの日記)
  • 副島隆彦学問道場
  • 浮遊雲日記
  • 日本人が知らない真実
  • 悪はタブーに棲家をつくる
  • ★遊牧民★のメディア棒読み!
  • 耐震強度偽造問題リンク集
  • 頑張れ藤田東吾
  • ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古!
  • 米流時評
  • 主要な経済情報
  • 経済コラムマガジン
  • きっこのブログ
  • ムネオ日記

    海外のインチキ検証サイト

  • 9.11事件の真相と、その歴史的な意味の深層に迫る!!
  • 9.11のイカサマ…WTCタワー
  • 9.11ボーイングを探せ
  • イラクの現地レポートを翻訳で報告
  • ホロコーストの疑問

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    バロメーター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。