偏見報道に洗脳されない為に

国民は、戦後60年にも及ぶ自民党腐敗政権に蔑にされてきた今日、も~騙されてはいけません。自民党が政権に居座る限り腐敗政治は無くなるまい。貴方の一票で政治は変わります、皆して選挙に行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の潮目は明らかに変わりつつある

Blog ranking  Ajia ranking   oyajino ranking   Senior ranking
頑張れ藤田東吾

将来、イラクによってコブッシュは戦争犯罪人として訴えられるだろう。
マヤカシの大義を理由に何の罪も無いイラクの人々を数十万人も殺害した罪から逃れられるものではない。「悪魔は この世から排除されなければならない」
それに加担したレイプ魔のコイズミも悪魔呼ばれされる時が来るだろう!

b1.jpg

ブッシュを悪魔と呼んだのは私の率直な気持ち=チャベス大統領
【カラカス30日】ベネズエラのチャベス大統領は30日の記者会見で、9月の国連総会の際、ブッシュ米大統領を悪魔と呼んだ時は、心から率直に話していたと語った。同大統領は「私が彼を悪魔と呼んだのは、前もって計画していたことではない。心から出てきたのだ。なぜなら、私にとっては、それは本当のことだからだ」と述べた。

チャベス大統領は9月にニューヨークの国連総会で演説した際、悪魔が残した硫黄のにおいを今なおかぐことができると発言した。これは前の日に演説したブッシュ大統領に触れたものだ。

同大統領はこの日の会見で、「誰かが悪魔に対して、お前は悪魔だと言わなければならない」と指摘。さらに「私の発言はブッシュ大統領の演説に対する反応だ。彼は自分を世界のボスだと考え、世界を脅かしている」と述べた。チャベス大統領は「私は自分の気持ちを話しただけだ」と強調し、「どうしてそれが気にさわるのか、私には分からない」と付け加えた。〔AFP=時事〕

改革以前のベネズエラについて「生命が民営化されていた」とは言い得て妙だ。そう、米国型の新自由主義は、生命さえも民営化してしまう。日本の私たちは「官から民へ」を自明のことと感じているが、ここはいちど立ち止まって考え直すべきではないか?

ベネズエラとアメリカ(田中 宇)

「チャベス政権 クーデターの裏側」

チャベス・ウォッチ

南米の左傾化 その1・・ボリビア・モラレス大統領とコカの葉
南米の左傾化 その2・・ボリビアの資源国有化とその波紋
南米の左傾化 その3・・チャベス・ベネズエラ大統領

ベネズエラ・チャベス大統領 人気の真相
圧倒的貧困層トコトン支援
 南米ベネズエラのウゴ・チャベス大統領(52)が三日、60%を超える高得票率で三選を果たした。「反米のカリスマ」「ポピュリスト(大衆迎合主義者)」-。チャベス評価は分かれ、日本には人気の実像が伝わりにくい。チャベス人気の原因、さらにそれは中南米で相次いでいる左翼、中道左派政権の誕生とどう絡んでいるのか。中南米ウオッチャーたちに聞いた。 (中里宏)

 ことし九月二十日、国連演説でチャベス大統領が米国のブッシュ大統領を「悪魔」と呼んだ様子は、日本でも新聞・テレビで報じられた。国連はチャベス氏の格好のパフォーマンス会場となったが、中南米に関する著書も多い「現代企画室」編集長の太田昌国氏は「日本のベネズエラ報道はチャベスの派手なパフォーマンスのつまみ食いばかり。彼が国内でどんなことをやってきたのかが伝わっていない」と苦言を呈する。

 では、チャベス氏はどういう経緯で大統領になり、何をしてきたのか。

 アルゼンチン出身の革命家、故チェ・ゲバラの娘アレイダ・ゲバラ氏がまとめた「チャベス」(邦訳・作品社)などによると、チャベス氏は貧しい教師の家庭に生まれた。祖母のつくるお菓子を学校で裕福な同級生に売り、果物を行商して家計の足しにしていた。

 高校卒業後、陸軍士官学校へ。その後、配置された国境地帯で、ゲリラ掃討の名目で農民を裁判なしで処刑する軍隊に疑問を持ち、社会矛盾に目覚める。

 やがてチャベス氏は、ベネズエラ出身で十九世紀に南米北部をスペインからの独立に導いた革命家シモン・ボリバルに心酔。「人民に銃を向けないボリバル主義の軍隊をつくろう」と秘密裏に同志を増やした。

 一九八九年、公共料金や石油の大幅値上げが原因で首都カラカスで大暴動が発生。市民数千人が軍や治安部隊に殺害される惨事となり、蜂起の準備は加速。

 三年後の九二年、降下部隊司令官になったチャベス氏は当時のペレス政権に対するクーデターを起こすが失敗し、投獄。九四年にカルデラ政権の恩赦で釈放されると、本格的な政治活動を開始し、九八年、「貧者救済」を掲げて初出馬した大統領選で、貧困層の支持を受けて圧勝した。

 当時の状況について、今夏「革命のベネズエラ紀行」(新日本出版社)を出版した明治大非常勤講師の新藤通弘氏(ラテンアメリカ現代史)は「国民の大多数が経済と社会政策から排除されていた」と話す。

 新藤氏の調査によると、当時ベネズエラでは国民の七-八割が貧困層で、このうち半数は一日一ドル以下の生活。非就学率は30%に達し、六割の国民が医療の恩恵を受けていなかった。

 その後、反チャベス派によるクーデターなどを乗り切ったチャベス政権は、輸出量世界五位を誇る石油の収益をつぎ込み、貧困対策を次々に打ち出した。

■無料医療・給食 生活品は半額

 それは、キューバ人医師約二万五千人を受け入れ、全国の貧民地区で無料医療活動▽百五十万人の非識字者を対象にした識字教育▽大学教育希望者や中学課程未就学者への支援(夜間学校など)▽小学校の無料給食▽全国二千カ所に市価の約半額で生活必需品を売る「メルカル」開設▽女性グループに起業資金を低利で融資する「女性銀行」制度の新設-などだ。

■新自由主義に国民ウンザリ

 チャベス政権のこうした貧困対策が、折からの原油価格高騰に支えられているのも事実。同氏が欧州連合(EU)のような南米統合を目指していることもあり、“裏庭”での同氏の言動に神経をとがらせている米国は「オイルマネーを使ったポピュリズム」「南米の不安定要因」といった批判を繰り返している。

 これに対し、中南米情勢に詳しいジャーナリストの伊高浩昭氏は「ベネズエラで石油が発見されたのは八十年以上前。チャベス以前は富裕層が利権を握り、貧困対策に使われたことはなかった。そこを忘れてはいけない」と指摘する。

 前出の太田氏も「石油輸出の代わりにキューバから医療・識字教育の支援を受けるなど、相互扶助、相互補完に貫かれた国家戦略は世界経済に弱肉強食ではない、もう一つの道があることを示している」とみる。

 ことし三月にベネズエラを訪問した龍谷大講師の広瀬純氏(哲学)は「単なる富の再分配ではなく、共同体づくりなど貧困地区の住民にやる気を起こさせる狙いで、分配しようとしている」と注目する。

 ただ、「チャベスの母体の『第五共和国運動』は左派から中道までの寄り合い所帯で考え方もバラバラ。政権基盤が強いとは言えない」(伊高氏)という見方は多く、反チャベス勢力も依然、力を維持する。

 二〇〇二年には同政権に反対する経済界主導のゼネストと軍の反チャベス派によるクーデターが相次いで発生。チャベス氏は拘束され、当時の経済団体会長が大統領就任を宣言したが、チャベス派の巻き返しでクーデターは数日で失敗。

 同十二月には石油公社のストで国家財政が危機的状況に陥り、〇三年一月、政府が自主運営に踏み切った。石油を手にしたチャベス政権の貧困対策が本格的に始まったのは、その二カ月後の同三月からだ。

 今回の選挙でチャベス氏は任期中の二〇一〇年に国民投票を行い、大統領の連続再選を二回までとする憲法の改正を公約。「独裁傾向の現れ」との批判も受けたが、貧困層の支持で圧勝し、当選後は「二十一世紀の社会主義」を訴えた。

 中身はまだ不透明だが、伊高氏は「ひとつだけ分かっているのは、それを自由選挙でつくろうとしていることだ」という。

 中南米で相次ぐ中道左派政権の誕生とチャベス人気の原因は何か。多くの中南米ウオッチャーは一九八〇年代からの新自由主義(ネオリベラリズム、市場原理主義)の失敗を挙げる。

 膨大な対外債務を抱えた南米諸国は、米国が主導する新自由主義政策の導入を国際通貨基金(IMF)などから求められた。民営化や市場原理の追求、規制緩和、労働条件の柔軟化などがそれで、これらの動きは九〇年代に加速した。

 その結果、公共料金は大幅に上がり、アジア・アフリカより悪かった南米の貧富の格差はさらに拡大。新藤氏は「中道や中道左派政権が誕生した選挙では、すべて新自由主義が争点となった。小泉改革で格差が広がる日本も決して無縁の話ではない」と語る。

 こうした背景で政権を手にしたチャベス大統領。太田氏はこう分析する。

 「評価は二つに分かれる。独裁傾向を危ぶむ意見はあるだろう。しかし、それ以上に中南米には圧倒的な貧困層と少数の富裕層という現実がある。社会的公正の観点は不可欠だ」

<メモ>ベネズエラ・ボリバル共和国 南米大陸の北端に位置し、国土は日本の約2・4倍、人口約2600万人。人種は混血(メスティソ)66%、白人22%、黒人10%、先住民2%。輸出量世界5位の石油のほか、天然ガス、鉄鉱石、ボーキサイトなど豊富な資源を持つ。貿易相手国は輸出入とも米国がトップ。

<デスクメモ> 世界の潮目は明らかに変わりつつある。中南米で米国がこけた背景には中東での泥沼がある。潮目が読めないわが国の官僚たちは、イランでの自主開発油田も事実上中国に売り渡した。激動が読めないと、為政者たちは稚拙なナショナリズムに走りたがる。その無残な結末は六十余年前に体験したはずなのだが。(牧)
 


皆様のクリックの御蔭で、各ランクが上位に位置します。有難う御座います。 今日もクリックの程、宜しくお願いします。
政治経済全般   社会経済全般   オヤジ    シニア  
   11位        6位       4位       1位 

読み朝る毎ブロガー同盟 「安倍のなにがなんでも教育基本法」ならばAbEndバナー その情報が誰によって流されているか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ermita.blog75.fc2.com/tb.php/163-aa7a467c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボーキサイトボーキサイト(bauxite)はアルミニウムの原料であり、酸化アルミニウム(Al2O3、アルミナ)を 52%−57% 含む鉱石である。実際にはギブス石(gibbsite、Al(OH)3)、ベーム石(boehmite、AlO(OH))、ベーム石と組成は同じながら層状結晶の構造が

 | HOME | 

本日の名言

プロフィール

エルミタ

Author:エルミタ
ブログの普及で真実を探求する事が出来る様になった。
歪曲されたテレビ報道・新聞5大全国紙報道に洗脳されん様に真実を探究し、ブログを通して時の権力者達へ物が言える様に成った。
真実を報じないメディアは不要と考え30年購読してた新聞はキャンセルした。
世の中のインチキ&イカサマ等に付いても取り上げて行きます。

ブログランキング

FC2カウンター

エルミタ

期たる時の為に忘れてはならない。 私利私欲を最優先した傀儡議員たち。

コネズミが絡む売国策捜査


あけてビックリ給与明細。 此れも小泉インチキ改革の副産物です。 top_futanzo.gif
  • 植草一秀氏冤罪売国策逮捕を解く
  • インチキ構造改革B層ターゲット

    植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

  • 小泉純一郎の研究…ビックリ 読み朝る毎ブロガー同盟 その情報が誰によって流されているか?

    真実を伝えるサイト

  • 植草一秀の『知られざる真実』
  • ユダヤ&創価の悪戯を暴くRK
  • 森田実の日本の未来を切り開く
  • MyNewsJapan
  • janjan
  • アクセス ジャーナル
  • アールニジュウゴ

    国内のインチキ検証ブログ

  • 晴天とら日和
  • 世に倦む日日
  • 復活!三輪のレッドアラート!
  • 自公政権打倒のために集まろう
  • 左往来人生学院
  • 五十嵐仁の転成仁語
  • エクソダス2005《脱米救国》
  • 夢想飛行-伝統的保守へ
  • 在野のアナリスト
  • よらしむべし、知らしむべからず
  • Aoの偶感
  • POLITICS & ELECTION NEWS
  • 紆余曲折七転八倒!武田健太郎の日記
  • ★マチコの日記
  • 山崎行太郎の毒蛇ブログ日記
  • らくちんランプ
  • らんきーブログ
  • 反戦な家づくり
  • いわいわブレーク
  • ぬぬぬ?
  • とりあえずガスパーチョ
  • カナダde日本語
  • わんばらんす
  • 風に吹かれて
  • 棒に怒る日本人
  • 酔夢ing Voice
  • Irregular Expression
  • 株式日記(ブログ版)
  • 国際情勢の分析と予測
  • ジャパン・ハンドラーズ
  • 暗いニュースリンク
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • 灼熱(HEATの日記)
  • 副島隆彦学問道場
  • 浮遊雲日記
  • 日本人が知らない真実
  • 悪はタブーに棲家をつくる
  • ★遊牧民★のメディア棒読み!
  • 耐震強度偽造問題リンク集
  • 頑張れ藤田東吾
  • ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古!
  • 米流時評
  • 主要な経済情報
  • 経済コラムマガジン
  • きっこのブログ
  • ムネオ日記

    海外のインチキ検証サイト

  • 9.11事件の真相と、その歴史的な意味の深層に迫る!!
  • 9.11のイカサマ…WTCタワー
  • 9.11ボーイングを探せ
  • イラクの現地レポートを翻訳で報告
  • ホロコーストの疑問

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    バロメーター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。