偏見報道に洗脳されない為に

国民は、戦後60年にも及ぶ自民党腐敗政権に蔑にされてきた今日、も~騙されてはいけません。自民党が政権に居座る限り腐敗政治は無くなるまい。貴方の一票で政治は変わります、皆して選挙に行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞社の世論調査で五分五分って事は

Blog ranking  seiji ranking   oyajino ranking   Senior ranking

自公政権応援団のマスメディアが公表する世論調査は当てにできないが、、、
それでも互角と発表するとは、、、実態は七・三で民主党優位と察する…!


世論調査:参院選は自民と民主がほぼ互角
 毎日新聞が昨年12月に実施した全国世論調査(電話)で、今夏参院選は自民党と民主党のどちらに勝ってほしいかを尋ねたところ、自民40%、民主38%と拮抗(きっこう)する結果になった。「その他の政党」は14%。同時に聞いた政党支持率が自民31%、民主17%だったことを考えると、民主支持以外の層も自民への対抗軸として民主に期待をかけていることがうかがえる結果となった。

 参院選は安倍晋三政権発足後初の国政選挙。各党は「政局を左右する重要な選挙」と位置づけており、参院選に臨む有権者の考えを聞いた。

 参院選に「非常に関心がある」は20%で、「ある程度関心がある」の51%と合わせ約7割が関心を持っていた。「あまり関心がない」は22%、「まったく関心がない」は5%だった。

 投票の際に最も重視するものは「政策」が56%で最多。次いで「人柄」14%、「所属政党」11%、「経歴・実績」8%、「イメージ」4%、「知人や親せきからの依頼」3%。当選した政治家に一番重視してほしいものは、(1)「国全体の政策」61%(2)「地元への貢献」28%(3)「政府や政党幹部とのパイプ役」5%--の順で、候補者、当選者とも政策立案能力を期待されていることが分かった。

 参院がどうあるべきかを聞いた質問には「今より権限を強めるべきだ」との回答が36%で最も多く、「今のままで良い」は29%、「参院を廃止すべきだ」は26%だった。【中田卓二】

 ◇ネットでの情報発信規制支持 75%

 一方、インターネットに関する質問では、違法・有害情報の氾濫(はんらん)やプライバシー侵害を背景に、ネットでの情報発信を規制すべきだと考えている人が75%に達した。パソコンや携帯電話での子供のネット利用を規制すべきだと考える人も66%に上った。

 ネットでの情報発信の規制については、75%が「すべきだ」と回答し、「すべきでない」は12%にとどまった。30代と50代は規制支持派が8割を超え、ネット利用度が高い20代でも64%が「規制すべきだ」とした。

 「どんな情報をもっとも規制すべきか」を聞いたところ、匿名掲示板などで広がっている「個人に対するプライバシー侵害や誹謗(ひぼう)中傷」が48%を占めた。次いで▽「暴力・残虐映像」(28%)▽「性描写や出会い系サイト」(22%)--の順。

 出会い系サイトなどが問題になっている子供のネット利用では30、40代でそれぞれ7割以上が規制を支持。特に30代女性では8割近くが「規制すべきだ」と回答し、小学校高学年や中学生の子を持つ親の世代が、子供の携帯利用の仕方に疑問を抱いていることがうかがえる。【ネット社会取材班】

毎日新聞 2007年1月5日 20時09分 (最終更新時間 1月5日 22時45分)

中曽根元首相:自民苦戦は必至
 中曽根康弘元首相は5日、TBSの番組収録で7月の参院選について、「4月の統一地方選で、県議や市議が力を使い果たす。また、国民には『衆院選で(自民党は)勝ちすぎだ。少し揺り戻した方がいい』との感情がある。(与党で過半数は)かなり難しい」と述べ、苦戦は必至との見方を示した。衆参同日選については「大義名分がない」と語った。

 また、本間正明前政府税制調査会長や佐田玄一郎前行革担当相ら政府要人の辞任が相次いだことに関連し「(安倍晋三首相の人事は)脇が甘い。重みのある、思慮の深い、党内にもある程度、威令の及ぶような方がいない」と苦言を呈した。

毎日新聞 2007年1月6日 東京朝刊


皆様のクリックの御蔭で、各ランクが上位に位置します。有難う御座います。 
今日もクリックの程、宜しくお願いします。
政治経済全般   社会経済全般   オヤジ    シニア  
   13位       12位       3位       1位 
特集:毎日新聞世論調査(その1) ネット社会 日常へ、急速に浸透
毎日新聞は昨年12月、「ネット社会」と「今年夏の参院選」をテーマに全国世論調査(電話)を実施し、「ドットコム革命」の社会への浸透ぶりと今年最大の政治決戦に対する国民意識を探ってみた。

続きは↑クリック

特集:毎日新聞世論調査(その2止) 夏の参院選 逆風続く、安倍政権
◆自民党、変わらず69%
◇選挙の顔、目新しさなく

 就任から3カ月余が過ぎた安倍晋三首相。今回の調査では参院選を占う要素の一つという観点から、「安倍自民」は「小泉自民」と変わったのかについても尋ねた。結果は「変わっていない」が69%、「悪い方に変わった」が18%、「いい方に変わった」が6%。「選挙の顔」への期待から自民党総裁選を圧勝した首相は、この数字をどう受け止めるのか--。

 小泉純一郎前首相は「自民党をぶっ壊す」と絶叫し、ブームを巻き起こした。確かに小泉政権の5年5カ月で、自民党の政策決定、支持基盤などに変化が見られた。

 引き継ぐ安倍首相に対しては「変人宰相の後のやりにくさ」という同情論もあった。「変わっていない」が断然トップという状況はプラスと受け取れそうだ。しかし、「変わった」と答えた人のうち、「悪い方に」が「いい方に」の3倍にのぼったのは、かなり厳しい数字だろう。

■「つなぎ」の印象
 辛らつなコメントで知られる漫画家のやくみつる氏の「安倍評」はこうだ。「清新な、さっそうとしたイメージは官房長官の時の方があった。首相になってからは『つなぎ』というだけの印象」

 調査結果を細かく分析すると、内閣支持層では「いい方に変わった」が12%で、「悪い方に変わった」の9%を上回ったが、それでも1割台にとどまった。不支持層では「悪い方に変わった」が30%を占め、「いい方に変わった」は1%にとどまる。

 「いい方に変わった」「悪い方に変わった」「変わっていない」の割合を支持政党別にみると、自民支持層は14%、12%、67%なのに対し、民主支持層は2%、23%、73%。注目すべきは「支持政党なし」と答えた無党派層で、3%、21%、71%と民主支持層とほぼ同じ傾向を示した点だ。

 また、「変わった」と思う理由を聞いたところ、「いい方に」では「自民党の破壊がさらに進んだ」と「小泉首相になる前の自民党に戻った」がともに41%。「改革の旗手」として期待を集める半面、反小泉だった古くからの自民シンパが安倍政権を歓迎していることをうかがわせた。

■嫌悪感はっきり

 一方、「悪い方に」では「小泉前に戻った」が68%にのぼり、「破壊がさらに進んだ」の25%を大きく上回った。以前の自民に戻った「先祖返り」への嫌悪感がはっきり出た形だ。

 小泉改革を支持した作家の猪瀬直樹氏は「道路特定財源の一般財源化を見ても安倍さんの政策はずいぶん攻めている。自民党はもう小泉さん以前には戻れない」と擁護。「官邸でこちょこちょやってるなという感じで見られているのかなあ。もっと自由奔放さが出た方がいい」と注文もつける。

 やく氏は正反対の見方。「打開するのはきついと思う。こんなに早く人気にかげりが出るとは思っていなかったのでは。現状ではネタとして俎上(そじょう)に載せるまでもないという気がします」

◆勝ってほしい政党
◇無党派層は民主

 自民、民主がそれぞれ40%、38%ときっ抗した「参院選で勝ってほしい政党」への回答。支持政党のない無党派層と、参院選に「非常に関心がある」と答えた層で、それぞれ16ポイント、7ポイント、民主が自民をリードしたのが目を引いた。

 内閣支持層は(1)自民65%(2)民主20%(3)その他の政党9%--で、不支持層は(1)民主69%(2)その他の政党17%(3)自民10%--の順だった。支持政党別では、自民支持層の87%が自民の勝利を望み、民主支持層では96%が民主勝利を望んでいる。支持層の強固さは民主の方が上回っているようだ。

 公明、共産、社民の支持層は「その他の政党」という回答が高かった。しかし、社民支持層は40%で民主勝利の46%より低く、公明支持層は自民勝利と同率の49%。共産支持層は62%で、民主勝利の30%を大きく上回っており、自分の支持政党の勝利を与野党それぞれの「代表」の勝利よりも優先的に考える度合いには差が出る形となった。

 無党派層は(1)民主41%(2)自民25%(3)その他の政党22%--だった。

 一方、参院選に「非常に関心がある」と答えた層は民主44%、自民37%。「ある程度関心がある」は自民44%、民主41%、「あまり関心がない」は自民42%、民主31%、「まったく関心がない」は自民24%、民主26%。関心が強まるほど、民主の勝利を望む傾向を示した。

 男女別では、男性は民主48%、自民36%だったが、女性は自民44%、民主29%。年代別では、20代と50代~70代以上で自民が民主を上回った。

◆投票の基準
◇「政策」の次は「人柄」14%

 参院選で投票する際、最も重視するものは「政策」が56%を集めたが、そのうちの68%が当選した政治家に「国全体の政策」を一番重視してほしいと望んでいた。参院は小選挙区制の衆院に比べて選挙区が大きい。参院議員には地元への利益誘導よりも国政レベルでの活躍が期待されていることが読み取れる。ただ、投票で最も重視するものは、支持する政党や年代によって微妙な差が表れた。

 自民支持層は「政策」が51%で、全体よりやや少なめ。その半面、全体では14%だった「人柄」が支持政党別では唯一20%に達した。公明支持層は(1)「政策」41%(2)「経歴・実績」20%(3)「人柄」「所属政党」各16%--と分散。民主、共産支持層、無党派層は「政策」がそれぞれ61%、66%、61%と高かった。

 年代別では30~50代で「政策」が6割台。しかし、70代以上では「人柄」が37%で、「政策」の31%を上回った。

 一方、当選後の政治家に一番重視してほしいものも支持政党別で分かれる結果となった。

 「国全体の政策」は全体では61%だったが、自民支持層は57%にとどまり、全体は28%の「地元への貢献」が32%。公明支持層も同様の傾向を示した。これに対し、民主支持層は「国全体の政策」が68%で、共産、社民支持層も約8割が「国全体の政策」を挙げた。

◆参院のあり方
◇不要論26%、権限強化は36%

 参院は「衆院のカーボンコピー」とやゆされることもあり、衆院には憲法改正論議などに絡めて「1院制」導入論が根強い。しかし、調査では「参院を廃止すべきだ」との不要論は26%にとどまり、権限強化(36%)や現状維持(29%)を望む声の方が強かった。

 支持政党別に見ると、衆参両院のどちらをより重視しているかがある程度うかがえる。

 自民支持層は現状維持が34%で、権限強化の33%をわずかに上回り、不要論は24%だった。共産支持層でも現状維持が44%で、権限強化の29%より多かった。これに対し、民主、公明支持層は権限強化がそれぞれ45%、46%でトップ。現状維持はそれぞれ20%、22%と低く、不要論は31%、25%だった。無党派層は現状維持が30%、権限強化が35%、不要論が26%で、全体の傾向とほぼ同じ結果になった。

 参院選で自民の勝利を望む層は現状維持が36%、権限強化が32%だったのに対し、民主の勝利を望む層では逆に権限強化(42%)が現状維持(25%)に17ポイントの差をつけた。衆院で自民、公明が合わせて議席の7割を占める現状で、参院にチェック機能を期待する意識が働いていると見られる。

◆選挙への関心
◇無党派層、やや低く

 参院選への関心は、「非常に」と「ある程度」を合わせ、71%にのぼったが、「支持政党はない」と答えた無党派層では59%にとどまった。主要政党の支持層で7~8割台だったのと対照的な数字。無党派層の動向が勝敗のカギを握ると見られている中、各党は「いかに関心を高めるか」からの取り組みが求められそうだ。

 「非常に」と「ある程度」は、自民支持層がそれぞれ20%、56%で、民主支持層は31%、54%。公明支持層は50%、35%、共産支持層は47%、36%で、「非常に」が「ある程度」を上回った。公明、共産の支持層の関心度合いがより強いことがうかがえた。

 年代別では、60代と70代以上で「非常に」が3割を超えたのに対し、30代と40代では1割台、20代では1割未満にとどまった。20代は「あまり関心がない」「まったく関心がない」が計44%に上り、関心派の54%との差がほかの年代に比べて小さかった。

==============
◇質問と回答◇
◆参院選に関心がありますか。
                 全体 男性 女性
非常に関心がある         20 25 15
ある程度関心がある        51 51 51
あまり関心がない         22 18 26
まったく関心がない         5  6  5

◆参院選で自民党と民主党のどちらに勝ってほしいですか。
自民党              40 36 44
民主党              38 48 29
そのほかの政党          14 11 18

◆参院選で投票する際、何を最も重視して投票しますか。
人柄               14 12 16
イメージ              4  3  4
経歴・実績             8  8  8
政策               56 56 56
所属政党             11 16  7
知人や親せきからの依頼       3  2  4

◆参院選で当選した政治家には何を一番重視してほしいと考えますか。
国全体の政策           61 65 58
政府や政党幹部とのパイプ役     5  6  5
地元への貢献           28 25 30

◆参院については不要論も根強くあります。参院はどうあるべきだと思いますか。
今のままで良い          29 27 32
今より権限を強めるべきだ     36 40 33
参院を廃止すべきだ        26 29 23

◆小泉首相から安倍首相になり、自民党は変わったと思いますか。
いい方に変わった          6  7  5
悪い方に変わった         18 22 15
変わっていない          69 67 71

◇<「いい方に変わった」と答えた方に>どの点でいい方に変わったと思いますか。
小泉首相になる前の自民党に戻った 41 45 36
自民党の破壊がさらに進んだ    41 48 32

◇<「悪い方に変わった」と答えた方に>どの点で悪い方に変わったと思いますか。
小泉首相になる前の自民党に戻った 68 74 60
自民党の破壊がさらに進んだ    25 19 33

◆選挙期間中にインターネットのホームページやメールを利用して政党や候補者が主張などを有権者に訴える、いわゆる「ネット選挙」は現在禁じられています。公職選挙法を改正して解禁することが検討されていますが、どう考えますか。
ホームページ、メールとも解禁する 18 20 15
ホームページに限って解禁する   39 44 34
解禁すべきではない        29 27 31

 (注)数字は%、小数点以下を四捨五入。0は0.5%未満。無回答は省略。

……………………………………………………
 ◇調査の方法
 12月9、10の2日間、コンピューターで無作為に選んだ電話番号を使うRDS法で全国の有権者1500人を目標に電話で調査し、1451人から回答を得た。

==============
 この特集は中田卓二(政治部)、竹川正記(経済部)が担当しました。

毎日新聞 2007年1月6日 東京朝刊
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ermita.blog75.fc2.com/tb.php/221-3f9b48b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

本日の名言

プロフィール

エルミタ

Author:エルミタ
ブログの普及で真実を探求する事が出来る様になった。
歪曲されたテレビ報道・新聞5大全国紙報道に洗脳されん様に真実を探究し、ブログを通して時の権力者達へ物が言える様に成った。
真実を報じないメディアは不要と考え30年購読してた新聞はキャンセルした。
世の中のインチキ&イカサマ等に付いても取り上げて行きます。

ブログランキング

FC2カウンター

エルミタ

期たる時の為に忘れてはならない。 私利私欲を最優先した傀儡議員たち。

コネズミが絡む売国策捜査


あけてビックリ給与明細。 此れも小泉インチキ改革の副産物です。 top_futanzo.gif
  • 植草一秀氏冤罪売国策逮捕を解く
  • インチキ構造改革B層ターゲット

    植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

  • 小泉純一郎の研究…ビックリ 読み朝る毎ブロガー同盟 その情報が誰によって流されているか?

    真実を伝えるサイト

  • 植草一秀の『知られざる真実』
  • ユダヤ&創価の悪戯を暴くRK
  • 森田実の日本の未来を切り開く
  • MyNewsJapan
  • janjan
  • アクセス ジャーナル
  • アールニジュウゴ

    国内のインチキ検証ブログ

  • 晴天とら日和
  • 世に倦む日日
  • 復活!三輪のレッドアラート!
  • 自公政権打倒のために集まろう
  • 左往来人生学院
  • 五十嵐仁の転成仁語
  • エクソダス2005《脱米救国》
  • 夢想飛行-伝統的保守へ
  • 在野のアナリスト
  • よらしむべし、知らしむべからず
  • Aoの偶感
  • POLITICS & ELECTION NEWS
  • 紆余曲折七転八倒!武田健太郎の日記
  • ★マチコの日記
  • 山崎行太郎の毒蛇ブログ日記
  • らくちんランプ
  • らんきーブログ
  • 反戦な家づくり
  • いわいわブレーク
  • ぬぬぬ?
  • とりあえずガスパーチョ
  • カナダde日本語
  • わんばらんす
  • 風に吹かれて
  • 棒に怒る日本人
  • 酔夢ing Voice
  • Irregular Expression
  • 株式日記(ブログ版)
  • 国際情勢の分析と予測
  • ジャパン・ハンドラーズ
  • 暗いニュースリンク
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • 灼熱(HEATの日記)
  • 副島隆彦学問道場
  • 浮遊雲日記
  • 日本人が知らない真実
  • 悪はタブーに棲家をつくる
  • ★遊牧民★のメディア棒読み!
  • 耐震強度偽造問題リンク集
  • 頑張れ藤田東吾
  • ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古!
  • 米流時評
  • 主要な経済情報
  • 経済コラムマガジン
  • きっこのブログ
  • ムネオ日記

    海外のインチキ検証サイト

  • 9.11事件の真相と、その歴史的な意味の深層に迫る!!
  • 9.11のイカサマ…WTCタワー
  • 9.11ボーイングを探せ
  • イラクの現地レポートを翻訳で報告
  • ホロコーストの疑問

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    バロメーター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。