偏見報道に洗脳されない為に

国民は、戦後60年にも及ぶ自民党腐敗政権に蔑にされてきた今日、も~騙されてはいけません。自民党が政権に居座る限り腐敗政治は無くなるまい。貴方の一票で政治は変わります、皆して選挙に行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主小沢党首が言う事に全くブレがない

kokoronosakebi.gif

小沢氏が昨年の4月民主党代表選挙に於いて提言した政見表明・改革政策・党改革案を改めて読んだが、此の時、既に政治生命をかけ参議院選に挑む強い意志があったし、自分自身が変わらなければ成らないと…!
「小沢代表 代表選挙における政見表明」

「「公正な国」をつくる(小沢代表 改革政策)」

「「信頼される民主党」にする(小沢代表 党改革案)」

与党の首相経験者から「負けたら引退」はパフォーマンスと揶揄する発言が聞かれるけど、郵政解散の時、小泉前首相は命を賭け戦うと言ったんじゃないの…

民主小沢代表は、上記、政策提言を掲げ巨大与党に対しご自身の政治生命をかけ戦うのは当然ではなかろうか。


 ← 今の政治がおかしいと思う方は怒りのクリックを
 ← 打倒安倍政権と思う方は怒りのクリックを
 ← 政権交代を望む方は応援のクリックを
 ← 公明党=創価の政権参加がおかしいと思う方はクリックを
多くのクリックを頂き感謝してます。面倒でしょうが本日もクリックのほど宜しく。

「小沢代表 代表選挙における政見表明」
みなさま、小沢一郎でございます。
いま、民主党が直面している危機を乗り越えて、もう一度、政権交代を実現する態勢を確立するため、私は私の全てをかけて、本日の代表選挙に立候補いたしました。
政権交代こそが、日本の真の構造改革であります。その信念に基づき、十三年前、自民党を割って出て細川連立政権をつくり、二年半前、自由党を解党して民主党に合流いたしました。
民由合併にご尽力下さった当時の民主党代表、鳩山さん、菅さんをはじめ、皆さんには本当に感謝しております。
民由合併の原点は、政権交代可能な二大政党制を日本に確立することでありました。
ところが今、民主党は極めて深刻な危機に直面しています。このままでは、二大政党制そのものが崩れ去り、政権交代が永遠に起きないという、民主主義ではきわめて変則的な事態に至ってしまうのであります。
私は、三十六年間に及ぶ政治家としての経験と思いの全てをかけて、この局面の最前線に立ち、ここにいらっしゃる一人一人の同志とともに、この事態を真正面から受け止めて、民主党の信頼回復を果たし、再度、政権交代への狼煙を上げたいと思います。
民主党への合流を決断した時、民主党こそが、自民党に代わって政権を担い、政治を官僚から国民の手に取り戻して、国民に夢と希望を与えることができると確信しました。だからこそ、私はそれまでのすべてを投げ捨てて民主党に入ることができたのだと思います。
私は民主党で温かく迎えられ、多くの同志に巡り会いました。それは私の政治生活において、自由党とともに捨ててきたものを上回る大きな財産であります。ましてや、この代表選挙において幅広い同志の方々からご推挙をいただいたことは望外の喜びであり、今こうして政見発表の壇上に立っていることが信じられない気もいたします。
その民主党がいま、いわゆる「堀江メール」問題による極めて深刻な危機に直面し、あと半歩しかないという崖っぷちに立たされているのであります。
いま、同志の皆様のご厚情を意気に感じ、もはや若くはなくなったこの身体に最後の鞭を入れて立ち上がりました。命がけで難局を乗り越え、民主党への国民の信頼を取り戻したいと思います。
ここで二大政党制と政権交代の灯を消しては、国民に申し訳が立たない。日本を見捨ててしまうことになるのであります。このままで私の政治生活の幕を閉じるわけには、いきません。ただただその一念で、民主党と国民のために、立候補を決意した次第であります。

その気迫によってしか、信頼回復はできないのではないでしょうか。また、ここで身を捨てることが、皆様への唯一の恩返しの方法であると思っております。
民主党再生の要諦は、挙党一致の実現であります。
先の世界野球選手権WBCの日本チームは、一度は敗退かと思われた時に、選手一人一人が個性を発揮し、持てる力を全て出し切って、世界一の座、金メダルを獲得しました。
民主党も「オールスターキャスト」で、全員が力を出し切れば、政権交代という金メダルを必ず手にすることができると確信しております。
まず、来年の参議院選挙には、私と民主党の命運をかけて臨みます。民主党では、参議院の存在感がますます高まっています。
自民党・公明党を参議院過半数割れに追い込み、一日も早く衆議院総選挙を実現して、一気に政権交代を果たさなければなりません。
参議院選挙の必勝のために、参議院議員の皆様、衆議院議員の皆様とともに、今から全力で走り出したいと思います。
それでは、具体的に私の政策について、その一端をお話しいたします。
日本は、でたらめな「小泉政治」の結果、屋台骨が崩れ、迷走を続けています。それを建て直すには、明確な理念と設計図が不可欠であります。
その理念は、「共生」、共に生きるということであります。人間と人間との共生が「平和の問題」であり、人間と自然との共生が「環境の問題」であり、その両面で日本が世界のリーダー役を果たしていくべきであると考えます。
市場万能主義が世界を覆い、ともすれば、地球環境や人の命よりもお金や自分の利益が優先されがちな昨今の日本や世界の中で、私たち日本人は、千年以上前から共生の知恵として「和の文化」を築いてきました。それだけに、共生の理念と政策を世界に発信できる能力と資格が十分にあると考えております。
特に、人間と人間との共生、平和の問題について言えば、日本国憲法の理念に基づき、国連を中心とする安全保障の原則を確立するとともに、日米関係を機軸としながらも、中国、韓国をはじめとする近隣諸国との関係を改善し、アジア外交を強化しなければなりません。
次に内政の重要課題を三点申し上げます。
第一に、新しい日本を担いうる人材を育成するため、人づくりを、何よりも重視したいと考えます。
今日の日本社会の荒廃は、日本人の心の荒廃そのものであります。このままで推移すれば、日本は滅亡への道を歩んでいくに違いありません。先日お目にかかった瀬戸内寂聴さんのお言葉を借りれば、日本社会を建て直すには少なくとも百年かかるとのことでありましたが、私は従来から、どんなに頑張っても、ワンジェネレーション、三十年はかかると主張してまいりました。いずれにせよ、人づくりの問題は短期間に成し得るものではありません。いまから政府が、すべての国民が、真剣に取り組んでいかなければならない重要な長期課題であると考えます。
第二に、地域の自主性と個性を重んじる「地域主権の国」づくりを実現し、政・官・業のもたれあい構造と、官僚主導の中央集権政治を打破します。その第一弾として、中央省庁からのヒモ付き個別補助金は全廃して、全て自主財源として地方に一括交付し、地域のことは各地域で決められるようにします。
第三に、経済・社会の真の構造改革を断行することであります。
「小泉政治」は自由と身勝手とを混同した結果、弱肉強食の格差社会という妖怪を生み出してしまいました。本当の自由とは、誰もがともに生きていける「共生」の理念が前提であり、それを保証する規律と責任を伴うものであります。その「共生」のルールが公正というものでありましょう。
民主党の政権構想の基本は、これまでの党内論議を踏まえつつ、政治、経済、社会の全てにおいて、筋の通った「公正な国」をつくることだと考えております。それによって初めて、でたらめな「小泉改革」によってボロボロになった日本を建て直し、真に豊かで世界からも尊敬される日本を築くことができるのであります。
一部の「勝ち組」だけが得をするのは、自由ではなく、公正でもありません。私たち民主党の目指すべき社会は、黙々と働く人、努力する人、正直者が報われる「公正な社会」であります。
その「公正な国」づくりのビジョンに基づき、政策立案、国会論戦、日常活動の全てにおいて、自民党との「対立軸」を明示していきます。
私自身が闘いの先頭に立ちます。その準備としてすでに、十三年前に世に問うた『日本改造計画』をさらに具体化させ、新しい日本の設計図を国民に明示する著書を執筆中であります。その「設計図」を基に党内論議を深め、合意を得たうえで、民主党の政権構想を高く掲げて、来年の統一地方選挙と参議院選挙を戦い、必勝を期そうと考えております。
また、もし私が代表に選出されても、任期の切れる九月には、党所属地方議員、党員・サポーターも参加する代表選挙を実施し、よりオープンな形で、徹底した政策論議を行いたいと思います。
このように挙党一致を実現してこそ、民主党は初めて、国民が一度は政権を任せてみたい、さらには安心して政権を任せることができると思えるような、「信頼され、安定感のある野党第一党」になることができるのだと信じております。
最後に、私はいま、青年時代に見た映画『山猫』のクライマックスの台詞を思い出しております。イタリア統一革命に身を投じた甥を支援している名門の公爵に、ある人が「あなたのような方がなぜ革命軍を支援するのですか」とたずねました。バート・ランカスターの演じる老貴族は静かに答えました。
「変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない(We must change to remainthe same.)」
確かに、人類の歴史上、長期にわたって生き残った国は、例外なく自己改革の努力を続けました。
そうなのだと思います。よりよい明日のために、かけがえのない子供たちのために、私自身を、そして民主党を改革しなければならないのです。
まず、私自身が変わります。そして、皆様に支えていただきながら、民主党を改革し、さらに日本を改革しようではありませんか。
私はこの闘いに政治生活の全てを注ぎ込み、ひたすら目標に邁進し続けることをお約束いたします。皆様のご理解とご支持をお願い申し上げます。(了)


「「公正な国」をつくる(小沢代表 改革政策)」
<改革目標>
日本を、筋の通った「公正な国」にする。
<改革理念>
1.総理大臣が主役ではなく、国民が主役となり、暮らしや仕事の現場で自ら改革の担い手になること。
2.一部の「勝ち組」だけが得をするのではなく、雇用を確保したうえ仕事と生活を両立させ、努力した人が報われるようにすること。
3.単なる節約や切り捨てではなく、情報化やグローバル化に対応して仕組みそのものを変え、国民の力が最大限に発揮できるようにすること。
4.日本の伝統と文化が育んできた日本人のよさを破壊するのではなく、それを再生、発展させ、日本に自信と誇りを持てるようにすること。
<改革八策>
1.年金、介護、高齢者医療は基礎的部分を消費税でまかない、公正で安定した社会保障制度を確立する。
2.誰もが自分で計算して納める分かりやすい所得税制に改め、税率は引き下げる。諸控除は廃止して、その分手当を充実させる。
3.中央省庁からのヒモ付き個別補助金は全廃して、全て自主財源として地方に一括交付し、地域のことは各地域で決められるようにする。
4.義務教育は、国が最終的に責任を負うと同時に、市町村が自らの創意工夫で自由に行える仕組みに改める。
5.農業を自由化し、主要生産物については不足払い制度を導入して、生産者と消費者が支え合う仕組みをつくる。
6.地球環境の保全で人類に貢献することを国家目標とし、環境保全で日本が世界をリードする仕組みを確立する。
7.日本国憲法の理念に基づき、国連を中心とする安全保障の原則を確立するとともに、日米関係を基軸に、中国、韓国をはじめとする近隣諸国との関係を改善し、アジア外交を強化する。
8.家族のきずなと地域の連帯を再生させ、子どもからお年寄りまで安心して暮らせる安全な社会を実現する。


「「信頼される民主党」にする(小沢代表 党改革案)」
<改革目標>
民主党を、国民が安心して政権を任せられる「信頼される政党」にする。
<改革理念>
1、日本を根本から建て直すために、いつでも政権交代ができる態勢を整え、二大政党制を機能させる。
2、政策立案、国会論戦、日常活動の全てにおいて常に、自民党政権に対する「対立軸」を明示し、国民に政権の選択肢を示す。
3、野党第一党としての使命を常に自覚し、国民にも党員・サポーターにも、キチンと責任を持つ党運営を行う。
<改革方策>
1、日本を筋の通った「公正な国」にするためのビジョンに基づき、あらゆる政策分野で自民党政権との「対立軸」をまとめ、国民にわかりやすく示す。
2、日本の立て直しに向け、あらゆる現場で政・官・業の癒着構造を追及し、政府・自民党と徹底的に闘う。
3、日常の「草の根活動」を重視し、国民の生の声に耳を傾け、それを速やかに党活動に反映させる。
4、熟年世代の知恵と、壮年世代のパワーと、青年世代のアイデアを結集できる挙党体制を確立する。
5、党所属国会議員・地方議員、議員秘書、事務局職員は、二大政党制の定着―政権交代の実現という1つの目標を目指す「同志」であるという意識を徹底させ、肉声によるコミュニケーションを活発にする
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ermita.blog75.fc2.com/tb.php/427-df6b5327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢党首はコレ

参議院選挙を読む 小沢党首の最後の忠臣・藤井裕久氏の繰り上げ藤井裕久氏は、小沢民...

小沢党首を斬る

07参院選:2党首来県 小沢民主党代表/安倍自民党総裁 /青森支援者を回る&#8...

 | HOME | 

本日の名言

プロフィール

エルミタ

Author:エルミタ
ブログの普及で真実を探求する事が出来る様になった。
歪曲されたテレビ報道・新聞5大全国紙報道に洗脳されん様に真実を探究し、ブログを通して時の権力者達へ物が言える様に成った。
真実を報じないメディアは不要と考え30年購読してた新聞はキャンセルした。
世の中のインチキ&イカサマ等に付いても取り上げて行きます。

ブログランキング

FC2カウンター

エルミタ

期たる時の為に忘れてはならない。 私利私欲を最優先した傀儡議員たち。

コネズミが絡む売国策捜査


あけてビックリ給与明細。 此れも小泉インチキ改革の副産物です。 top_futanzo.gif
  • 植草一秀氏冤罪売国策逮捕を解く
  • インチキ構造改革B層ターゲット

    植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

  • 小泉純一郎の研究…ビックリ 読み朝る毎ブロガー同盟 その情報が誰によって流されているか?

    真実を伝えるサイト

  • 植草一秀の『知られざる真実』
  • ユダヤ&創価の悪戯を暴くRK
  • 森田実の日本の未来を切り開く
  • MyNewsJapan
  • janjan
  • アクセス ジャーナル
  • アールニジュウゴ

    国内のインチキ検証ブログ

  • 晴天とら日和
  • 世に倦む日日
  • 復活!三輪のレッドアラート!
  • 自公政権打倒のために集まろう
  • 左往来人生学院
  • 五十嵐仁の転成仁語
  • エクソダス2005《脱米救国》
  • 夢想飛行-伝統的保守へ
  • 在野のアナリスト
  • よらしむべし、知らしむべからず
  • Aoの偶感
  • POLITICS & ELECTION NEWS
  • 紆余曲折七転八倒!武田健太郎の日記
  • ★マチコの日記
  • 山崎行太郎の毒蛇ブログ日記
  • らくちんランプ
  • らんきーブログ
  • 反戦な家づくり
  • いわいわブレーク
  • ぬぬぬ?
  • とりあえずガスパーチョ
  • カナダde日本語
  • わんばらんす
  • 風に吹かれて
  • 棒に怒る日本人
  • 酔夢ing Voice
  • Irregular Expression
  • 株式日記(ブログ版)
  • 国際情勢の分析と予測
  • ジャパン・ハンドラーズ
  • 暗いニュースリンク
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • 灼熱(HEATの日記)
  • 副島隆彦学問道場
  • 浮遊雲日記
  • 日本人が知らない真実
  • 悪はタブーに棲家をつくる
  • ★遊牧民★のメディア棒読み!
  • 耐震強度偽造問題リンク集
  • 頑張れ藤田東吾
  • ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古!
  • 米流時評
  • 主要な経済情報
  • 経済コラムマガジン
  • きっこのブログ
  • ムネオ日記

    海外のインチキ検証サイト

  • 9.11事件の真相と、その歴史的な意味の深層に迫る!!
  • 9.11のイカサマ…WTCタワー
  • 9.11ボーイングを探せ
  • イラクの現地レポートを翻訳で報告
  • ホロコーストの疑問

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    バロメーター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。