偏見報道に洗脳されない為に

国民は、戦後60年にも及ぶ自民党腐敗政権に蔑にされてきた今日、も~騙されてはいけません。自民党が政権に居座る限り腐敗政治は無くなるまい。貴方の一票で政治は変わります、皆して選挙に行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政界はいつか来た角福戦争勃発の様相だ

前代未聞の安倍首相退陣に伴い自民党は突如、総裁選挙を執り行い首班指名に挑まなければならなくなった。「政治空白を作っては成らぬとは言うが実質1ヶ月は空転国会になろう」
本日、21時現在の総裁選の進捗状況は額賀&福田&麻生の争いになろうかとしている。下記派閥勢力及び応援団状況を勘案すると、福田氏が総裁に成るのではなかろうか。各派閥の勢力数及びスタンス。今の状況は福田氏が総裁に成る可能性が高い、、、と成れば
福田赳夫元首相
の息子さんである福田康夫氏と田中角栄元首相の秘蔵子小沢一郎氏との師弟対決が勃発するのである。タカ派「清和政策研究会」対ハト派「旧経世会=民主党」のガチンコ勝負である。まぁ~福田康夫氏は小泉&安倍とは違いハト派的ではあるが、、、
経世会7奉行、竹下派=橋本龍太郎・小渕恵三・梶山静六。金丸派=羽田孜・小沢一郎・渡部恒三・奥田敬和の内、今生存しているのは小沢・羽田・渡部は民主党だ。正に侍である。因みに奥田敬和氏の息子さんは落選中ではあるが民主党である。
角福戦争 出典: フリー百科事典『ウィキペディア
町村派 82 福田氏
津島派 63 額賀氏
古賀派 46 ・・・・・福田氏応援!?
山崎派 35 ・・・・・福田氏応援!?
伊吹派 25 ・・・・・未定!?
谷垣派 16 ・・・・・福田氏応援!?
高村派 15 ・・・・・未定!?
二階G  15 ・・・・・未定!?
麻生派 15 麻生氏
無派閥 76 ・・・・・多くは小泉氏応援!?

麻生氏は安倍氏を後押しし首相続投を急進した人物、連帯責任は免れまい。
面白い事に福田赳夫氏が首相に成った年齢と今の康夫氏の年齢は同じ71歳である。本人も貧乏くじを引くかも知れないと言ってる位だから、厳しい国会に成るのは承知のようだ。。。
小泉前首相はいち早く福田氏支持と後押しした事で、平沼氏の取り扱い、小泉チルドレンの動向が気になる所である。

れんだいこのカンテラ時評「田中角栄演説」


PS:引退会見に於いても矛盾丸出しだった安倍首相の動向も気にかかっている、取り敢えずは慶応病院で体調を整える事だろうが、首相の激務及び政治に疲れたと言っているようである、政界引退は良かろうとも、病死だけは止めて頂きたい。
「松岡氏も大臣を辞任していれば死ぬ事もなかっただろうし、、、」

小泉チルドレンは職を無くすのではないかと必死に小泉待望論で動くが頓挫する様相である。


 ← 民主党が政権の中枢を担うのに賛成の方はクリックを
 ← この期に及んで自民党が政権を担うのに反対と思う方はクリックを
 ← 今回の安倍首相退陣をおかしいと思う方はクリックを
 ← 公明党=創価の政権参加がおかしいと思う方はクリックを
多くのクリックを頂き感謝してます。面倒でしょうが本日もクリックのほど宜しく。 角福戦争 出典: フリー百科事典『ウィキペディア

角福戦争
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
角福戦争(かくふくせんそう)は田中角栄と福田赳夫による日本政治史上の激しい政争・権力闘争を戦争に例えて呼んだもの。1970年ごろから田中が倒れる1985年まで続いた。

過去戦後政治史において、吉田茂と鳩山一郎、池田勇人と佐藤栄作の政争はあったが、「戦争」とまで形容されることはなかった。田中と福田の抗争の激しさは、お互いの(及びそれぞれの支持層の)出身階層の相違による、ある意味で擬似階級闘争の様相を呈していたことの表れともいえよう。




目次 [非表示]
1 第一次角福戦争
2 第二次角福戦争 (第一次大福戦争)
3 第三次角福戦争 (第二次大福戦争)
4 21世紀の角福戦争
5 関連項目



[編集] 第一次角福戦争
ポスト佐藤栄作総裁選(1970~1972)田中VS福田
池田総理から禅譲されて長期安定政権を築いた佐藤も3期6年を経た頃になると兄岸信介の派閥を引き継いでいた福田赳夫を後継に考え始める。しかし長期政権のうちに要職を歴任した自派閥代貸しである田中角栄も総裁を狙える力をつけていた。今禅譲されれば福田に総裁の地位が渡ることを恐れた田中は副総裁の川島正次郎と4選ムードを盛り上げていく。結局思惑通りに佐藤は4選を果たしその間に田中は多数派工作を着々と進めてゆく。福田側は佐藤の田中への説得と禅譲を頼みにしたが幾度のチャンスを逃し田中が佐藤派の3分の2を握り力をつけてゆくと結局どちらも行われることはなかった。総裁選直前に佐藤は田中と福田を前に2位になったものが1位に投票することを要請し、2人もこれを受けたが後に反故になった。

総裁選には田中、福田、大平、三木の4人が出馬し各々156、150、101、69ずつの票をえて田中と福田の決選投票になり田中282、福田190で田中が佐藤の後継となった。出馬しなかった中曽根康弘にはこの時7億円の資金が田中から流れたと言われている。  

角福休戦期
三木おろし(1976)田中・福田・大平VS三木・中曽根康弘
福田内閣(1976~1978) 田中・福田・大平VS三木・中曽根

[編集] 第二次角福戦争 (第一次大福戦争)
ポスト福田赳夫総裁選(1978)大平正芳VS福田
1976年大福連携で念願の総理の座に就いた福田は総裁任期の2年が迫ると再選への意欲を見せ始める。一方の大平側は2年間で総理を譲るという大福密約の履行を求めた。結果として両者は決裂し総理総裁の座は1978年自民党総裁予備選挙で争われることになった。ロッキード事件と大福提携で雌伏を余儀なくされていた田中派は全面的に大平の支援に回り、当時党全国組織委員長を務めていた竹下登が門外不出のはずの党員党友名簿を持ち出し、それを基に後藤田正晴が田中派の議員秘書を総動員して戸別訪問や電話攻勢等をするローラー作戦を展開。当初の下馬評では現職の福田が圧倒的に有利とされていたこともあり「負けた候補は国会議員による本選挙を辞退すべきだ」と発言していたが、予備選挙の結果は大平正芳(784)福田赴夫 (638)と大差をつけられて敗れた。派内ではなおも森喜朗、小泉純一郎などが本選挙に打って出るべきと進めるが「天の声にも変な声がある」「敗軍の将、兵を語らず」との台詞を残して本選挙を辞退した。同年12月7日大平内閣が成立し福田は反主流派に転落した。


[編集] 第三次角福戦争 (第二次大福戦争)
四十日抗争(1979) 大平・田中VS福田・三木・中曽根
ハプニング解散(1980)
田中支配の確立
鈴木内閣(1980~1982)
1979年10月に行われた衆議院選挙で自民党は現有議席を下回る248議席しか獲得できなかった。前回総選挙で議席を減らした三木内閣は退陣しているため大平総裁に対する責任論が噴出した。詳しくは四十日抗争を参照。結果くすぶった火種は消えることなく翌1980年、社会党が提出した内閣不信任案に反主流派がのったために成立してしまう。大平内閣は衆議院解散(ハプニング解散)を選択し、史上初の衆参同日選挙が行われることになった。選挙の結果、自民党は大勝したが、大平は選挙のさなかに急死してしまう。総理後継には大平派の鈴木善幸が「和の政治」をスローガンに掲げて就任した。本籍地田中派現住所大平派ともいわれた善幸の総理就任で田中の支配体制は強まりキングメーカーとして政界に大きな影響力を持つことになった。

福田、最後の反撃
ポスト鈴木善幸総裁選(1982) 田中・中曽根VS福田
1982年10月、再選確実と見られていた鈴木は退陣を表明(中曽根康弘は鈴木に退陣を匂わされ準備をしていたという)。総裁選を1週間中断して行われた話し合いによる調整はうまくいかず結局後継総裁は総裁選で行われることになった(このときの話し合いで田村元が持ち込んだ総理総裁分離が浮上し中曽根総理、福田総裁案を福田は呑んだといわれているが、田中の意を受けた中曽根は蹴った)。中曽根康弘、河本敏夫、安倍晋太郎、中川一郎の4氏が立候補し、田中、鈴木、中曽根3派の支持と党員の過半数の支持を受けた中曽根総理が誕生した。

二階堂擁立構想 (1984) 田中・中曽根VS福田・鈴木・三木
田中曽根内閣と呼ばれるほどの偏重人事に鈴木派は次第に不満を募らせていきついには福田、三木そして野党までも巻き込んで田中派会長の二階堂進を担ぐ倒閣運動に発展していく。詳しくは二階堂擁立構想を参照。結果は失敗したが党長老たちの力は弱まり急速な世代交代が進行しその後の田中支配の終焉の遠因になる。田中が倒れたことによって対立軸を失った福田、三木も次第に影響力を失い田中、福田派それぞれの後継領袖である竹下登と安倍晋太郎が盟友関係にあったことに加え厭戦気分も手伝って協調路線に入っていった。


[編集] 21世紀の角福戦争
安竹協調路線はそれぞれの領袖が代替わりする中でも続き1998年竹下元首相の在職40年パーティでも当時の森喜朗幹事長が、「願わくはもうひとり首相を育ててほしい」と自らを売り込むほどだったが2001年に小泉純一郎が総理になると、自らが「経世会(現平成研究会)の支援を受けずに就任した初めての総理」と公言するとおり反経世会姿勢を進め、反発する野中広務らを抵抗勢力と位置づけ対立し、当事者を変えた遺恨試合として報道された。

また、小泉内閣の外交問題において田中真紀子外務大臣(田中角栄の長女)と福田康夫内閣官房長官(福田赳夫の長男)が対立していたことを角福戦争と形容することがあるが、双方とも派閥の領袖ではないことから別の次元であり関連性は全く無い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ermita.blog75.fc2.com/tb.php/527-af8d4209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

角福戦争

角福戦争の呪縛それぞれの政策の効果と財源については慎重に検討されるべきだが、少なくとも、自民党が反射的に「バラマキ」と批判するのは、田中角栄的手法へのDNA的拒否反応であり、「角福戦争」の怨念と呪縛によるところが大きい

 | HOME | 

本日の名言

プロフィール

エルミタ

Author:エルミタ
ブログの普及で真実を探求する事が出来る様になった。
歪曲されたテレビ報道・新聞5大全国紙報道に洗脳されん様に真実を探究し、ブログを通して時の権力者達へ物が言える様に成った。
真実を報じないメディアは不要と考え30年購読してた新聞はキャンセルした。
世の中のインチキ&イカサマ等に付いても取り上げて行きます。

ブログランキング

FC2カウンター

エルミタ

期たる時の為に忘れてはならない。 私利私欲を最優先した傀儡議員たち。

コネズミが絡む売国策捜査


あけてビックリ給与明細。 此れも小泉インチキ改革の副産物です。 top_futanzo.gif
  • 植草一秀氏冤罪売国策逮捕を解く
  • インチキ構造改革B層ターゲット

    植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー

  • 小泉純一郎の研究…ビックリ 読み朝る毎ブロガー同盟 その情報が誰によって流されているか?

    真実を伝えるサイト

  • 植草一秀の『知られざる真実』
  • ユダヤ&創価の悪戯を暴くRK
  • 森田実の日本の未来を切り開く
  • MyNewsJapan
  • janjan
  • アクセス ジャーナル
  • アールニジュウゴ

    国内のインチキ検証ブログ

  • 晴天とら日和
  • 世に倦む日日
  • 復活!三輪のレッドアラート!
  • 自公政権打倒のために集まろう
  • 左往来人生学院
  • 五十嵐仁の転成仁語
  • エクソダス2005《脱米救国》
  • 夢想飛行-伝統的保守へ
  • 在野のアナリスト
  • よらしむべし、知らしむべからず
  • Aoの偶感
  • POLITICS & ELECTION NEWS
  • 紆余曲折七転八倒!武田健太郎の日記
  • ★マチコの日記
  • 山崎行太郎の毒蛇ブログ日記
  • らくちんランプ
  • らんきーブログ
  • 反戦な家づくり
  • いわいわブレーク
  • ぬぬぬ?
  • とりあえずガスパーチョ
  • カナダde日本語
  • わんばらんす
  • 風に吹かれて
  • 棒に怒る日本人
  • 酔夢ing Voice
  • Irregular Expression
  • 株式日記(ブログ版)
  • 国際情勢の分析と予測
  • ジャパン・ハンドラーズ
  • 暗いニュースリンク
  • 田中宇の国際ニュース解説
  • 灼熱(HEATの日記)
  • 副島隆彦学問道場
  • 浮遊雲日記
  • 日本人が知らない真実
  • 悪はタブーに棲家をつくる
  • ★遊牧民★のメディア棒読み!
  • 耐震強度偽造問題リンク集
  • 頑張れ藤田東吾
  • ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古!
  • 米流時評
  • 主要な経済情報
  • 経済コラムマガジン
  • きっこのブログ
  • ムネオ日記

    海外のインチキ検証サイト

  • 9.11事件の真相と、その歴史的な意味の深層に迫る!!
  • 9.11のイカサマ…WTCタワー
  • 9.11ボーイングを探せ
  • イラクの現地レポートを翻訳で報告
  • ホロコーストの疑問

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    バロメーター

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。